A vi yam2
ぐだぐだ管理人のogihalaの愚痴とか愚痴がメイン。また自作の詩とか小説とか絵とかをアップがあったりもします。 フリーリンクです。つかこんなサイト、リンクする酔狂な方がいらっしゃるかどか・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Soldier
月下足を止める
憑き我が身
志せる我が身
然り
さもあらん
我が身は帰依
ありとしあらんとする者
「まだ月は上に昇っているのだろうか?」
問う
死し私のこの上を
しかし、月は消えていた。


どうも久しぶりの新作です
最近某戦争映画を見て思いついた作品です
結構漢字を変えています
彼は最初から死んでいたのでしょうかそれとも途中で死んだのでしょうか?
それは作者のみぞ知らないことですw
ちなみに誤字じゃないよw
スポンサーサイト
15秒ルール(あんのか?
哀しいあなたが詠う歌
とっても愛のこもった歌
新たな希望を 新たな夢
明日のためにつなげる為
Ogihala

軽くつくってみました
製作に1分かかってません(爆
春ボケ
在らん気持ち
虚ろな瞳
虚空を掴む手
挙げる足
地上はとても遠かった
Ogihala

どうもオギの字です
春休みだから更新はいつもより大目(意味を解釈しておくれ)ですw
風邪っぴき
彼女の笑顔 いつも見ていたい
その為に がむしゃらに働いた
妊娠の話を聞いたときは
諸手をあげて喜んだ
でも、彼女は帰ってこなかった
なんでってわけじゃないけど
自分を責めた 自殺も考えた
でも、出来ないんだ
もう生きる気力はないっていうのに
彼女と、息子の墓の前には
今も弔いの花が絶えることはない
Elly=Albata

どうも、風邪っぴきで一日寝てたエリーことオギハラです
久しぶりの男性視からだよw
"Elly=Albata"この名前は初お披露目ですね
これからも時あるごとに使っていくと思います
よろしくお願いします^^
短編
空を見上げて ふと気づく
空になる 缶コーヒー
同時に落ちてくる 雫
どうしようもなく 暖かい
雨、雪でもない何か
彼の瞳は赤かった

今回は短編です
これでどういう情景かイメージの湧いた人はすごいです
一応韻は踏んでるつもりですがまだまだヘタですね
copyright © 2005 A vi yam2 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。