A vi yam2
ぐだぐだ管理人のogihalaの愚痴とか愚痴がメイン。また自作の詩とか小説とか絵とかをアップがあったりもします。 フリーリンクです。つかこんなサイト、リンクする酔狂な方がいらっしゃるかどか・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Oh my god!
英検落ちました(まだわからんよ)
ええ、落ちましたとも(絶望的予測)。
というわけで英検二次を受けて舞りました
誤字じゃないですよ、ほんとに舞ました。涙がorz
まぁ正直できはいまいちでした、
五分五分といったところです。
で、今日はネタ切れ(早)
ではでは~ ノシ
スポンサーサイト
モノクロキネマの廃工場(意味は特になし
YoshiさんのDearFriendをいま読んでます
特徴は結構表現が直接的なところ
話がわかりやすい
これが携帯小説の典型なのかもしれませんね。

直接的であまり回りくどい説明はしない
携帯という限られた場所で見るからこそ
発展した新しいタイプの小説。
参考になりますねー(それだけ?
無題
何もない、空気すら希薄
そんな存在感のない世界
「あなたは誰?」
響く声。自分に問われる
質問、疑問。
死ね、死ねって。相手に言う。
実は自分に言っていた。
私はいつも一人、誰もいない
虚空の空(から)で一人ぼっち。
存在を確かめ合える人?
彼の胸に抱かれる幸せ?
満たされない
小さい、でも消えてなくならない
穴、穴、穴。
神様のいたずら?それとも欠陥?
彼と別れた。
余韻もなにもなかった。
次の日彼からTELが来た。
留守番電話だ。
自分が悪かった、許してというものだった。
「なにも悪いことなんてないのに、馬鹿。」
少し心が痛んだ。
次の日も、また次の日も、彼は電話をしてきた。
電話に出たくなってきた。でもゆるされるのが怖かった。
彼じゃない、自分に・・・
5日して彼から電話は来なくなった。
ほっとした。でも寂しかった。
次の日だった。家に帰ると電気がついていた。
彼だった。
彼は「ごめん」といった。
悪いのは自分なのに
涙が止まらなかった。
今でも穴はなくなってない。
でも、いいの。
だって今こんなに幸せだもん。
穴、それは埋めるものじゃない。
今はそう思えるの。



一応詩ですが詩というよりは一つの小説みたいなものです
小一時間程度で作りました。表現とかがいい加減、
ストーリーもいい加減(おいおい
多分修正加えると思う、未完成作です
なお今後の作品製作については未定です(爆)
受験生になってしまった! ということで堪忍してくだせぇ
ブログ更新はこれからもがんばって行きたいと思います^^
応援お願いします。
男子校のくわなしさ
今年もチョコレート零ですぜアニキ。
高校選びを失敗したーorz
中学の友達は高校なったらくれないからねぇ
みんな高校はしっかり見て選べ。さもないと俺みたいになる(最悪
へにゃり
「それ以上は無理」
と、言われてしまいました。
なにがって?
関節技ですよw しかもかけられる方
柔道の授業で最初は生徒どうしでやってたんだけど。
一緒にやってた子が全然かからない。
よって、先生登場~。「ほりゃ。」
うむ痛くない で、そのときかけながら謂われたのが先の言葉
関節技が極まらないみたいですね俺は(まぁいいことだ)
でも、一緒にやってた子はかわいそうでしたね
と反省?(できるかな?)のOgiでした。
ふむ
いや~ 愛(あい)かわらず忙しい俺。こと荻原です
ジョークです愛はありませんw(バレンタイン? なにそれ状態)
それとは別に
いや~あさきはやっぱりいいねぇ。
練習してるんですけど すごいムズイよw
というわけでヘタレな自分の近状でした(それだけかよw)
copyright © 2005 A vi yam2 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。