A vi yam2
ぐだぐだ管理人のogihalaの愚痴とか愚痴がメイン。また自作の詩とか小説とか絵とかをアップがあったりもします。 フリーリンクです。つかこんなサイト、リンクする酔狂な方がいらっしゃるかどか・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は生きてきた。
何かにあろうとして、探し求めて
しかし見つけたものは、何もない
そんな私に魔法をかけてください。
何も考えられなくなる魔法
もしくは恋の魔法を・・・

はいどうも^^
またまたご無沙汰の私でしたが
この頃思うんだけどブログ見たら。
俺って女じゃねぇ?っていう気がするんだよ
感性っていうのかな?そういうのが少し
男というより女っぽい気がする。
かといって男として育ってきたわけだから
男としての感性もあるわけで
なんかそういう入り乱れた感じが自分じゃないかなって
思うようになってきた。
だからじゃないけど。自分をしっかりと見据えておかないと
人間だめなんじゃないのかなって思う
結局人間は他人以上に自分が見えてなくて
だから人から自分の噂を探して。人を疑って
一緒に人を貶めて見かけ上の共闘して・・・
だからなんだろうか。
無性に愛が欲しいのは。
そういう自分も愛に飢えている点では人並み以上なんだろうかね(笑い)
でも答えは見つからない、いやないんだろうね

P.S.明日からヂゴクの合宿に行ってきます
  そんな俺をほめてくれw
  『ほめられてのびるらじお PP』から?
スポンサーサイト
時をかける少女
今日の映画は「時をかける少女」
初見ですが、感想書いてるってことはまぁ
個人的によかったと思ったってことですよ。結論いうと
実は5月あたりに友達の家でこの映画上映会やってたのですが
そのとき二つのグループに分かれて行動していて、
映画を見ずにゲームやってるグループだったので
観てませんでした
観ときゃよかったぜ

タイムリープという、時間を自由に行き来する能力を突如得た少女
マコトが、その能力を使って楽しく過ごそうとする物語
問題は時間軸が自由に行き来てきるということで、何がすでに起こっているのか、どこが伏線になっているかなのがわかりづらいということ
(作中でも本人も失敗している)
しかし、わかりやすくはしているので大して気にはならないつくりでした。
話を続けますとマコトには二人の友人、チアキとコウスケとが
所謂腐れ縁的付き合いをしているところから始まります。
(三人でよくキャッチボールをしている)
まず初めに主人公のマコトが自転車のブレーキが利かずに
踏み切りに突っ込んで死にます。そのとき初めて
タイムリープできることに気づきます。
(実はこの自転車のブレーキの故障は伏線になっている)
その後マコトはタイムリープできることを利用して
いろいろと不幸だったことなどを修正していきます。
ここまでは良かったのですが。
マコトはチアキに告白されてしまうわけです。
マコトはこれで3人の今の関係が崩れるのではと思って
そのことを無理やりなかったことにします。
すると、マコトの友人のトモリとチアキが付き合うことに
なっていきました。
するとチアキは輪から少し距離が開いていきました
つまり、マコトとコウスケだけでつるむ事が多くなったわけです
そこで、コウスケのことが好きだった後輩が登場します
マコトは彼女の話を聞いて、自分が過去を改変したことで
彼女の恋路が失敗したことをしり、何とかしようとします
それはうまくいきました。しかし、その事により
コウスケがマコトの自転車で彼女を送る事になりました
しかも、その日は最初マコトが自転車事故にあった日でした
マコトはヤバいと思ってコウスケと連絡を取ろうとしますが
つながりませんでした。そして踏み切りまで走っていくと・・・
何も起こってないわけですw
少しほっとするマコト。そしてチアキにコウスケの所在
を知ってるかの電話をします。
そこでチアキからいいたいことがあるといわれます
主人公は当然告白するのだろうと思っていましたが
チアキからの言葉は「おまえ、タイムリープしてるだろう」
という言葉だった。そこで、マコトは時間を戻します。
すると、コウスケが少し遅く帰るという世界になってしまい
すぐ横をコウスケが自転車でとおり抜けていく。
つまり最初の巻き戻しですね。しかし、
もうマコトにはタイムリープはできないわけです
(これの少し前に制限回数があるということに気づいていて
 チアキの時が最後だった)
しかし、時間を止まれといっていると時間が止まったわけです
チアキのタイムリープであった。
そこでチアキは自分が未来人(み○るビームとかはださないけどw)
で、ここの時代にしかない絵を見に来たのだと語り始める。
そして過去の人間にタイムリープのことがばれたから
姿を消すといった。
翌日チアキは退学していることになっていた。
ここでマコトは気づいたのですが
チアキのタイムリープの影響でまだ自分にタイムリープする回数が
1回戻っている事を(チアキの話を聞いて時間を戻したのが
キャンセルされているから)
そして、マコトは戻ります。そしてまずコウスケに
後輩を野球に誘えといい、その後何も知らないチアキに
未来人であることを知っていると語ります。
そしてチアキにその絵がなくならないように努力すると
マコトは言います。
そしてチアキは未来に帰って行きます。
最後チアキはコウスケと、コウスケの事が好きな後輩と
その友達とで野球をしているところで終わります



終わり方は個人的に好感が持てる終わりかたでした。
よくわからないのがチアキが未来に帰るときにいった
「未来で待っている」という言葉
それが近い未来なのか?それとも遠い未来なのか。それは
わからないところですね。

長文になりましたが、科学的に見ると突っ込みどころ満載ですw
しかし、文学的に見ると良作ではないでしょうか?
少なくとも自分は構成に間違いはないと思います
特に終わり方はうまいことやったなと賞賛したいと思います
評価は75点ぐらいですかね。
正直いらない描写をはずしてもう少し3人の中などに
突っ込んでも良かったと思います

まだ、やれる。限界までTRY!(平野綾)
No Guts,No Glory.
この頃kagrraっていうヴィジュアル系バンドにはまってます
自分としてはこういうギターの使い方が一番好きなんだよなぁ
って思って、AGまたひっぱってこようかなって思ってしまった
Gold Sun Silver Moon
ぜんぜん更新しないのでなんかですが
現在テスト期間で勉強忙しい
小説ネタはネタ上げだけでとまっている現在
沈黙は金?
タイトルのごとく
沈黙を守っていた(ただのサボり)私ですが、
そろそろ更新しねぇとだめじゃねぇかと思って更新ですよ~(ヲンプ)

ちなみに現在WRというゲームをやっておりますが
そこのクラメンのお方からWRのこともブログで書けや!
とご指導を受けましたので書いておりますw

小説については現在ネタ上げ中です
copyright © 2005 A vi yam2 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。