A vi yam2
ぐだぐだ管理人のogihalaの愚痴とか愚痴がメイン。また自作の詩とか小説とか絵とかをアップがあったりもします。 フリーリンクです。つかこんなサイト、リンクする酔狂な方がいらっしゃるかどか・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
短編
以前書いた小説のプロローグの一部

 帰ってきた、いややってきたが正しいのだろう、日本。 5歳の時に米国に移住してからかれこれ13年目の帰国だ。
当時の記憶などほとんどなく。未知の国とも言えるそこはなんとなくやわらかい響きを持っていた。
両親の反対を押し切りやってきた日本、何があるかわからないが。私は希望に満ちていた。
住居の転移を済まし、繰り出した日本の街は、ネオンにあふれていた。所詮はNYと同じ・・・
あまり変わり栄えのない、これが正直な感想だ。そこに書いてある字が日本語であることを除いては。
なにかを期待していたとすればYesだろう。しかし、現実としてその期待は裏切られることになる。
しょせん機械化された現在の都市に個性など消えうせていることなど承知していたはずなのに・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 A vi yam2 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。